技術紹介


真空蒸着は、真空中でアルミ・スズ等の金属を加熱・蒸散させ、製品の表面に金属薄膜を形成する技術です。特に、当社の真空蒸着技術は、樹脂表面に非導通の金属薄膜を形成する、「不連続蒸着」を大きな特徴としています。
非導通膜のため電波干渉がなく、静電対策も不要になり、携帯電話をはじめとした精密機器への光輝表面処理加工に最適です。カラーバリエーションも豊富で、メタル調の高品位な仕上がりは、高級感や華やかなイメージが求められる化粧品容器など、他にもさまざまな用途へ応用可能です。

  • 非導通膜のため電波干渉がなく、通信機能への影響がありません。
  • 非導通の金属膜のため、対静電気特性に優れています。
  • 真空蒸着を用いることで、各国の規制物質を製造工程の段階から排除することが可能になり、環境に配慮した技術です。
  • 表面塗装のためカラーバリエーションが豊富で、印刷などの二次加工にも適しています。
  • 非導通膜とUV塗料との組み合わせにより金属的外観が得られます。
  • 膜厚・光沢の安定が要求される、携帯電話・車載部品などの塗装に適しています。

  • 携帯電話・パソコン・デジタルカメラなど精密電子機器部品
  • カーオーディオなど車載部品
  • 化粧品・健康食品・医薬部外品などの容器外装
  • ※その他の製品もぜひご相談ください。